植物性

植物性プラセンタって何?

プラセンタの種類の中に植物性プラセンタを見かけることがあります。一体どんなものなのでしょうか。
プラセンタは、胎盤の液体から作られていますが植物には胎盤がありません。これは、一体どういうことなのでしょうか。
植物性のものは、アロエやクロレラなどの天然成分を混ぜて作られている成分がほとんどとなっています。

動物性のものは、胎盤から抽出されますが植物性プラセンタはアミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれています。
そして、動物性プラセンタと同じような美白やアンチエイジングの効果があると言われています。
植物性プラセンタは、どのようにして抽出されているのでしょうか。それは、胚芽と言われる部分から抽出されています。

植物性と動物性の違いは、どこにあるのでしょうか。それは、植物性プラセンタには成長因子が含まれていません。
この成長因子が含まれているかどうかで違いがあります。体内環境を整えるには、動物性プラセンタが有効になります。
植物性プラセンタは、肌のケア頭皮に効果があります。動物性よりも植物性のほうが安く手に入ることがあります。

このページの先頭へ