植物性

効果を早く実感するなら馬プラセンタ

プラセンタの原料は、豚、馬、羊が使われています。日本国内で、流通しているサプリメントでは豚か馬が使われています。
また、オーストラリアやニュージーランドなどの国では羊が主にプラセンタの原料として使われています。プラセンタは、豚よりも馬の方が栄養価は高いと言われています。
それは、子供を出産するたびに胎盤が薄くなります。しかし、馬は子供を一度しか出産しないため胎盤の栄養価が高いと言われています。

そして、馬は豚より体温が高く寄生虫が繁殖しにくい体質になっています。馬プラセンタの中でも一番高級と言われているのがサラブレッドとなります。
このサラブレッドは競争に勝つことができる馬のみが生き残ったものが使われています。それ以外では、徹底した衛生管理でプラセンタは生産されています。
馬のプラセンタは、栄養価、衛生性、安全性の3つの観点から優れたサプリメントとなっています。この他にも植物性のプラセンタもあります。

動物性のものは、内蔵の機能を正常に保つようにします。植物性のものは、美容や肌のケアとして使われることが多くなっています。
馬は、動物性のプラセンタになります。なので、内蔵や神経に効果があります。
そして、プラセンタは癌治療にも使われています。

このページの先頭へ